レバー,亜鉛,牡蠣,生殖機能,味覚,

このエントリーをはてなブックマークに追加   

レバーには亜鉛も多く含まれている

亜鉛はあまり馴染みがない栄養素だ。

 

 

しかし、最近では亜鉛の入ったサプリメントが販売されていることもあり、注目度を増している栄養素だといえるだろう。

 

 

 

実は亜鉛は酵素の成分になる。

 

 

酵素はタンパク質の一種で消化や吸収、排泄等の体の働きになくてはならない物質だ。亜鉛はこの酵素の成分となるため、亜鉛は積極的に摂った方が良いとよく語られているのだ。

 

 

 

 

舌にある味蕾(みらい)を作るのも亜鉛だ。

 

 

最近味覚がおかしいと感じたら亜鉛を摂ると良いだろう。亜鉛には味覚を正常に保つ効果があるため、逆に亜鉛が不足すると味が正常に感じられない味覚障害を引き起こしてしまう。

 

 

 

最近食べ物が美味しく感じられなくなってしまったら亜鉛不足を疑うのが賢明だ。

 

 

また、亜鉛は生殖機能を保つ効果がある。

 

 

 

意外なように思われるが、亜鉛は性欲や生殖機能を正常に保つ効果がある。そのため、加齢によって性欲が落ちてきた人は亜鉛を摂るのが良いだろう。

 

 

 

精力剤の成分として亜鉛がよく使用されているのは生殖機能向上効果があるからだ。

 

 

肉を食べると元気が出るのは亜鉛も大きく関わっている。

 

 

 

 

ご覧の通り、亜鉛が一番多く含まれているのは牡蠣だ。

 

 

このデータを見る限り牡蠣が圧倒的に優れていると言えるだろう。いくらレバーが優秀と言えども、亜鉛の量で牡蠣には勝つことができない。それでも三番目に亜鉛が多く含まれているのは無視できない事実だと思う。

 

 

 

二番目に亜鉛が多いからすみは高級食品だから毎日食べるのは厳しい。

 

 

 

そう考えると日常的に食べられる豚レバーは「亜鉛を摂取するのに向いている食品」だと捉えることができるだろう。亜鉛を多く撮りたければ牡蠣を食べるのが良いのだが、豚レバーにも亜鉛が多く含まれているので覚えておいて欲しい。

スポンサードリンク



ナンチク レバー,亜鉛,牡蠣,生殖機能,味覚,

関連ページ

レバーを食べると美肌効果を発揮することができる
レバーは美肌効果が強い食品だ。肌の美容に最適なビタミンA、ビタミンBやC、良質なたんぱく質やミネラルなどの栄養を含んでいるレバーは美肌維持に有効だ。
ニキビやニキビ跡対策に効果があるレバー
レバーはニキビ対策に効果がある。レバーに含まれているビタミンB群やビタミンCなどがニキビ対策に効果的なのだ。
効果的に栄養補給したければレバーサプリメントの『レバプラ』を飲もう!
レバーが忙しくて食べられない人はレバプラを飲むのがお勧めだ。サプリで摂取すれば簡単に栄養を補給することができる。
生理や生理後に鉄分が不足したらレバーを食べよう!
生理や生理後に鉄分が不足して貧血になってしまったらレバーを食べるのがお勧めだ。
葉酸が一番多く含まれているのはレバー
葉酸は野菜に一番多く含まれているというイメージがあるが、じつは違う。葉酸が一番多く含まれている食品はレバーなのだ。
目を良くしたければレバーを食べよう!【ビタミンAが多いレバー】
レバーはビタミンAがトップクラス級に含まれている。視力回復したい人はレバーを食べるのがお勧めだ。
レバーは肌や髪を健康にし、美髪にしてくれる
レバーは栄養の宝庫だが、美髪効果があることも忘れてはいけない。肌や髪を健康にしたければレバーを食べることをお勧めする。
ビタミンB12を摂るのにも向いているレバー
レバーはビタミンB12を摂るのにも向いている食品だ。
レバーは低脂質タンパク質、低カロリーだからダイエットに向いている!
レバーは低脂質タンパク質、低カロリー食品だから筋トレしている人やダイエットしている人に向いているのだ。
レバニラ炒めは美味しくて鉄分も豊富だから女性にオススメ
レバーで一番オススメできる料理はレバニラ炒めだ。レバニラ炒めを食べることによって不足しがちな鉄分を補うことができる。
レバーが食べられない人のサプリメントはこれ!
レバーが食べられない人に向いているサプリメントをご紹介している。