鹿肉,栄養,栄養食品,見直し,

このエントリーをはてなブックマークに追加   

鹿肉は栄養食品として見直されている

実は、鹿肉は栄養食品として見直されているんだ。

 

 

 

 

 

 

鹿肉は栄養学的に高タンパク質で低脂肪という特徴がある。鉄分の保有も非常に高い鹿肉は、「鉄分不足の女性やダイエットを行いたい女性」に向いているのが長所だ。

 

 

あなたは生活習慣病に悩んでいないだろうか?

 

 

これは鹿肉に限った話ではないが、レバーや鹿肉などはヘム鉄を含んでいる。このヘム鉄が貧血改善に非常に役立つのであり、鹿肉を食べるだけで健康に近づけるという意見も存在します。

 

 

 

「でも、鹿肉は不味いから好きじゃない……」という人もいる。

 

 

血抜きが悪い鹿肉は不味いが、実際の鹿肉は柔らかくて匂いが穏やかなんだ。しっかり血抜きされている鹿肉だったら牛肉に匹敵するくらいの美味しさがあるし、俺は鹿肉ジャーキーなどが大好きだ!

 

 

また、鹿肉は薬肉と呼ばれており、鹿肉があまりにも栄養学的に優れているから「薬肉」と呼ばれることも多い。。鹿肉と人類の歴史は深く、日本では縄文時代から鹿肉を食べてきた記録があるのだが、今は疎遠となっている。

 

 

特に注目したいのがエゾシカ肉だ。

 

 

エゾ鹿肉専門食肉事業/\10,800円以上購入で送料無料鹿肉エゾシカ肉エゾ鹿北海道産ブランド名 ...

 

 

エゾシカ肉のカロリーは牛肉や豚肉と比べて約3分の1となっている! これだけでエゾシカ肉はダイエット食品として向いていることが分かるだろう。

 

 

カロリーは少ないのにタンパク質は高い! 豚肉や牛肉と比較しておよそ2倍で脂質は10分の1以下。鉄分は3倍もあるという超栄養満点肉なのだ!!

 

 

 

つまり、栄養が優れた肉を食べたければ鹿肉の方が良いのだな。

 

 

 

鹿肉の弱点は流通量の少なさである。だから鹿肉が欲しければ楽天市場の通販を利用するのが一番良い。牛肉や豚肉と違ってスーパーに行けば手軽に手に入るという肉でないのが最大の短所だ。

 

 

wikiでは脂肪分が10分1と載っているが、他サイトでは脂肪分は15分1と載っている。まあ、少なく見積もっても鹿肉は豚肉と牛肉と比較して最低でも脂肪分は10分の1になるわけだ。スタイルを気にする女性にとってありがたいデータではないだろうか?

 

 

 

少量で十分な量のタンパク質を確保できる鹿肉は健康になりたい人の味方なのだ! 

 

 

今こそ鹿肉を見直し、健康になるために鹿肉を食べるべきではないだろうか?

スポンサードリンク



ナンチク 鹿肉,栄養,栄養食品,見直し,

関連ページ

鹿の肉が全く売れない理由
日本では鹿肉は全く売れない。味は牛肉並に美味しいのだが、鹿の肉はマイナーすぎて売れないのだ。
鹿肉は牛肉より安いから、鹿肉を買うなら楽天市場がオススメ
鹿肉は牛肉と似ている味がするのに、鹿肉の方が圧倒的に安い! 安くて美味しい肉が欲しければ鹿肉がオススメだ!
肉の中で一番オススメなのは鹿肉!?
肉の中で一番オススメなのは鹿肉と書いているサイトがあるが、俺は自分に合った肉を食べるのが一番良いと思う。
鹿肉を食べるなら太りにくく美容に良いエゾシカ肉がオススメ
鹿肉を食べたいと思っている人はエゾシカ肉がオススメだ。エゾシカ肉は美味しいし、健康の優等生だ。
上品な味で柔らかいエゾシカステーキは食通にもオススメできる味だ
エゾシカステーキは上品で柔らかい。食通も唸らせる味がある。鹿肉で迷ったらエゾシカステーキを食べてみて欲しい。
鹿肉の加工品は臭みを消すための処理がされている
鹿肉は臭いのではないかと心配している人が多いが、その心配は不要だ。楽天市場で販売されている鹿肉の加工品は臭みを消すための処理がされていることが多い。
鹿の肉が獣臭いと言われているのは血抜きをしっかりしていないから
鹿肉が獣臭い、クセがあって不味いと言われているのは血抜きをしっかりしていないからだ。楽天市場で売られている鹿肉は血抜きがしっかりしているものがほとんどなので安心して欲しい。
胃が弱くて脂が苦手な人は鹿肉が向いている
脂が苦手で胃が弱い人に向いているのが鹿肉だ。鹿肉は脂質が少ないので、胃が弱い人や脂っぽい肉が嫌いな人と相性が良い。
ヨーロッパでは鹿肉は「最高級肉」として扱われる
日本では馴染みが薄い鹿肉だが、ヨーロッパでは鹿肉は最高級肉として扱われている。
鹿肉はダイエット食品として有効!
鹿肉はダイエット食品として有効だ。女性の人にこそ鹿肉を積極的に食べて欲しいと専門家も語っている!
鹿肉には食べる理由はないというのは嘘だ!
鹿肉を食べる理由はないという人がいる。だがしかし、その意見は間違っていると俺は反論したい