肉,食べる,お腹,壊しやすくなる,脂質,脂肪,

このエントリーをはてなブックマークに追加   

肉ばかり食べるとお腹を壊しやすくなる

肉を食べるとお腹を壊してしまう人は一定数いる。

 

 

実は俺も肉を食べ過ぎるとお腹を壊してしまうタイプだ。なぜ肉を食べるとお腹を壊してしまうかというと、「肉の脂」が原因となる。

 

 

肉の脂をいっぱい取ると翌日腹痛や下痢の症状が出ることが多い。脂を分解するときは腸が腸液を出して行うのだが、摂取した脂の量が多いと腸も脂を分解しようとしていつもより多く腸液を出す。

 

 

その結果、多くの腸液が発生してお腹を壊してしまうという事態が巻き起こる。だから肉を食べ過ぎてお腹を壊しても一時的なものだし、大して心配する必要はないのだ。

 

 

ただ単に栄養バランスが悪いからお腹を壊すという意見もある。

 

 

まあ、ただひとつ言えるのが肉を食べ過ぎてお腹を壊してもそんなに心配する必要はないということだ。なぜならば肉を食べてお腹を壊すのは一時的なものだし、要するに食べ過ぎなければ良いだけの話だからだ。

 

 

気をつけなくてはいけないのが生焼け状態で食べてお腹を壊してしまうこと。

 

 

これは食中毒である可能性が高いので、特に豚肉などは生食をしてはいけない。しっかり焼いてから食べることによって食中毒になる可能性は大きく薄くなるので焼くことはしっかり意識して欲しい。

 

 

肉を食べてもお腹を壊したくなければ、肉を食べ過ぎないように注意しよう。それと消化の良い野菜もバランス良く食べるようにすればお腹を壊すリスクを避けることができる。

スポンサードリンク



ナンチク 肉,食べる,お腹,壊しやすくなる,脂質,脂肪,