肉食,体,悪くない,健康,

このエントリーをはてなブックマークに追加   

肉食は体に悪いのか?

結論から言ってしまうが、肉食は体に悪くない。

 

 

体に悪くないどころか肉を食べなければ人間はタンパク質不足に陥ったり、栄養バランスに崩れたりしてしまう。当サイトでは栄養科学の観点からレバーを食べることを特に推奨しているが、レバーでなくても肉自体が体に良いことは知ってほしい。

 

 

現代の栄養学を信じるのであれば肉食が体に悪いというのはありえないことに気づく。

 

 

 

肉は栄養の宝庫だ。葉酸やビタミンB2が一番多く含まれているのはレバーだし、肉には美容効果があるのだ。

 

 

 

意外と知られていない事実だが、肉を食べると若々しさを維持することができる。

 

 

栄養学だけではなく、歴史的観点から見ても肉食は体に悪くないところが分かる。人間の歴史で肉を食べていない期間はほとんど存在せず、野菜中心の生活を送っている日本人ですら肉は食べ続けてきたのだ。

 

 

 

 

人間は雑食だ。

 

 

 

雑食だから野菜も肉も食べる。むしろどちらか一方に偏ってはいけないのだ。どちらかに偏るから栄養バランスが乱れるのであり、精神的にイライラしたり健康に支障をきたしたりしてしまう。

 

 

 

肉食が体に悪いというのは肉を食べることを嫌っている人々が流したデマである。

 

 

普通に考えて欲しいのだが、もし肉が体に悪いとしたら人類の長い歴史の中でここまで食べられることはなかっただろう。

 

 

 

肉は嗜好品ではない。れっきとした食べ物であり、肉を食べることによって若さや健康を手に入れることができるのだ。実際に肉に含まれているセロトニンは幸せになれる物質だと言われており、うつ病改善に効果的なのだ。

 

 

 

野菜しか食べないとセロトニンが不足しやすい。

 

 

何度も言うが、物事というものはバランスが大切だ。どちらか一方に偏るから体に支障をきたすのであり、バランス良く食べ物を食べれば何も問題はない。

 

 

 

「肉は体に悪いのではないか?」と心配な人も安心して欲しい。現代栄養学で肉は体に良いことが判明しているからだ。

 

 

低血圧や貧血を改善することもできる肉は、現代人ほど食べなければいけない食品だ。ストレス社会に晒されている今だからこそ、肉をしっかり食べてストレスに負けない丈夫な体を作って欲しい。

 

スポンサードリンク



ナンチク 肉食,体,悪くない,健康,

関連ページ

肉を食べると人間は攻撃的な性格になるのか?
肉を食べると人間は攻撃的な性格になると言われているが、これはただの印象論でしかない。
肉は野菜より生産効率が悪いというのは本当だ【肥育】
肉が野菜より生産効率が悪いというのは本当だ。だから肉を食べる人は地球環境をないがしろにしているという意見も、一理あることは確かだ。
低血圧の人は肉を食べて治すのがお勧め
低血圧で悩んでいる人は肉を食べることをお勧めする。全身の筋肉を鍛えれば低血圧を治すことができるのだが、その際に必要となるタンパク質やアミノ酸は肉から摂取することができるのだ。
女性ほど肉を食べた方が良い6つの理由
肉は美容にも健康にも良い。鉄分が不足したり美容を気にしたりする女性は肉を食べよう。
日本人は肉を食べるのに向いていないのは本当なのか?
日本人は腸が長いから肉食に向いていないという意見があるが、あれは嘘である。
肉を食べても痩せることは可能【肉ダイエット】
肉を食べても痩せることはできる。肉ダイエットと呼ばれるダイエット方法があるが、通常のダイエットに飽々している人は肉ダイエットを勧めたい。
肉食は本当に身体に悪いのか?【肉食の真実】
肉食は本当に身体に悪いのだろうか? 実は肉食は身体にとても良いことが判明している。
肉も野菜も同じ生き物なんだぜ?
ベジタリアンの人は「肉を食べるのは命を奪っていること」とよく言うが、野菜も同じ生命なのだ。
肉を食べないのは間違った健康志向
肉を食べないのは健康という観点から見たら全くお勧めできない。健康に生活したければ肉を食べよう。