肉,食べる,元気になる,本当,

このエントリーをはてなブックマークに追加   

肉を食べると元気になるは本当

肉を食べると元気になるは本当だ。

 

 

あれはただ単にプラシーボ効果だと思っている人も多いと思う。実は俺も「肉を食べたら元気になるというのはただの思いこみだろー」と思っていた時期があった。

 

 

しかし、実際に肉食について色々と調べてみると肉を食べたら元気になるのは栄養学的に証明されている。

 

 

俺が個人的に一番良いと思っているのは「肉を食べると精神状態が改善する」という点だ。そのことに関しては他記事で嫌というほど解説しているが、肉に含まれる幸福物質が精神的に良い影響を与えて結果的に元気になるというのが正しいのだ。

 

 

ただ単に鉄分を摂取して貧血から抜け出すことができ、元気になったというケースも報告されている。

 

 

また、肉を食べると疲労回復が期待できる。

 

 

これも肉に含まれているセロトニンが大きく関係しているのだがねセロトニン沢山含まれている肉を食べれば疲労は回復する。現在ではセロトニンの減少が疲労を引き起こすと言われており、現代医学を信じるのならばセロトニンを摂取して心も身体も健康な状態を保つのが良いのだ。

 

 

特に赤身の部分を食べるとセロトニンの元となるトリプトファンを多く獲得することができるため、最近疲労が目立つ人は赤身を食べるのが良いだろう。

 

 

ちなみに、トリプトファンが多く含まれているのは豚だ。100グラムあたりの牛肉に含まれるトリプトファンが220mg。豚が280mg。つまり、疲労回復を狙って元気になるのであれば豚肉を食べるのが一番効率が良いのだ。

 

 

 

ちなみに牛乳は40mg。いわしは109mg。さんまは140mgとなっているので牛肉や豚肉の方が圧倒的にトリプトファンが含まれている。

 

 

そのため、さんまやいわしを食べても元気になるというのは嘘ではないが、より良く元気になりたいのであれば肉を食べた方が良いという結論に落ち着くのだ。

 

 

また、慢性疲労症候群の患者は脳前頭部のセロトニン生合成の低下が問題となっている。慢性疲労症候群の人はセロトニンを増やすことによって疲労回復を成し遂げることができる。つまり、肉を食べれば元気になるという理論は全く間違いではないのだ。

 

 

 

 

セロトニンの減少は疲労の原因となる。

 

 

セロトニンが減少するから身体が疲れる。身体が疲れるから軽い物しか食べたくなくなる。結果、ますます疲労困憊して疲れから逃れられないという悪循環が続くのだ。

 

 

この流れから逃れたければ肉を食べて元気にならなければいけない。肉はセロトニンの原料となるトリプトファンが沢山含まれているから、万人に向いている食品なのだ。

スポンサードリンク



ナンチク 肉,食べる,元気になる,本当,

関連ページ

肉を食べると若さを保てる!
肉を食べると若さが保てるというのは本当だ。これは昔から言い伝えられていた事実で、若さを保ちたければ肉を食べた方が良いのは現代でも伝えられている。
肉には幸せになれる物質であるセロトニンが含まれている
肉にはセロトニンという物質が含まれており、セロトニンうつ病予防や幸せになるのに最適だ。肉を食べたときに幸せを感じるのはセロトニンが含まれているからだ。
鶏むね肉には疲労効果がある!
鶏むね肉には疲労効果がある。最近の研究結果では高濃度の「イミダペプチド」という栄養素が鶏むね肉に含まれていることが判明した。
なぜ肉はうつ病に効果的なのか?
意外と知られていない事実だが、肉はうつ病に効果的だ。うつに悩んでいる人は積極的に肉を食べて欲しい。
肉を食べるのは疲労回復に効果的だ
肉は疲労回復に効果がある。良質な栄養素がたくさん含まれている肉は疲れたときに食べて欲しいのだ。
肉を食べると陽気で明るい性格になり、前向きになる
肉を食べると陽気で明るい性格になる。これは印象論ではなく、牛肉に含まれるタンパク質はアドレナリンを作り出すことが実証されている。
ベジタリアンになるのはやめた方が良い!あれはデメリットの塊だ!
ベジタリアンになるならないは自由だが、俺は強く反対する。なぜ反対するかと言えばベジタリアンになると健康が損なわれるからだ。
肉を食べると人生が楽しくなる!
肉を食べると精神的に良い影響を与える。具体的には行動的になったり、ポジティブになったりする効果だ。