肉,うつ病,効果的,うつ,悩み,

このエントリーをはてなブックマークに追加   

なぜ肉はうつ病に効果的なのか?

肉はうつ病に効果がある。これは確かな事実だ。

 

 

しかし、うつ病で落ち込んでいるときに肉を食べる元気がないという人もいるだろう。そういう人に対して無理に肉を食えとは言わないが、「セロトニンの量が少ないほどうつ病になりやすくなる」ので、セロトニンを増やす食品を食べるのがお勧めだ。

 

 

セロトニンの原料となるトリプトファンという必須アミノ酸を沢山含んでいるのが肉だ。

 

 

肉にはトリプトファンが豊富に含まれている。このトリプトファンは脳でセロトニンという物質に変化するため、肉を食べると感情が安定したり気分を明るくする働きが出たりする。そのため、肉を食べると怒りっぽくなって切れやすくなるという意見はただの印象論であり、科学的に考えると滅茶苦茶な意見なんだな。

 

そりゃ肉ばかり食べていたらイライラしたり怒ったりしやすくなるが、それは他の食品でも同じだろう。

 

 

実際に野菜ばかり食べてタンパク質不足になっているベジタリアンは元気が出なかったり精力が無かったりしている。カップラーメンばかり食べるとイライラしやすくなるが、これも栄養バランスが崩れているからイライラしやすくなるのだ。何事もバランスが大切なのだ。

 

 

 

原料となるトリプトファンの摂取が少ない、セロトニンが枯渇し、うつ病指数が高くなることはすでに実験でも確かめられているのだ。

 

 

 

だからうつ病を治して気分を明るく保ちたければトリプトファンが沢山含まれている肉を食べるのが良い。牛肉やレバーを食べるのが個人的にお勧めだ。お金があまりない人はレバーだけ食べても構わない。レバーは本当に栄養素が豊富だから万人にお勧めしたい食品なのだ。

 

 

肉の目安は一日100グラム。

 

 

日本人は大体一日に75グラムの肉を食べているらしいが、実際のところこれではまだまだ少ないのだ。だから今の日本人は元気がない人が多いし、覇気のない人間が多いのかもしれない。ストレス社会に負けてしまうのも肉を食べていないからだろう。

 

 

ストレス社会で生き残りたければ脳がしっかり働くだけの栄養素を確保する必要がある。ネガティブ思考を治すのに有効なのがセロトニンで、セロトニンの原料となるトリプトファンが沢山入っているのは肉だということを覚えておいてほしい。

 

 

まあ、難しいこと考えないで肉を食えば良いんだよ! 肉を! 元気がない人は肉を食べて精神も元気にしようぜ!

 

 

甘い物もうつ病に効果的なので、たまにはプリンを食べるのも良いぞ!

 

http://xn--udkvb1a5638a.com/

 

http://xn--udkvb1a7647ayxkszo.com/

スポンサードリンク



ナンチク 肉,うつ病,効果的,うつ,悩み,

関連ページ

肉を食べると若さを保てる!
肉を食べると若さが保てるというのは本当だ。これは昔から言い伝えられていた事実で、若さを保ちたければ肉を食べた方が良いのは現代でも伝えられている。
肉には幸せになれる物質であるセロトニンが含まれている
肉にはセロトニンという物質が含まれており、セロトニンうつ病予防や幸せになるのに最適だ。肉を食べたときに幸せを感じるのはセロトニンが含まれているからだ。
鶏むね肉には疲労効果がある!
鶏むね肉には疲労効果がある。最近の研究結果では高濃度の「イミダペプチド」という栄養素が鶏むね肉に含まれていることが判明した。
肉を食べると元気になるは本当
肉を食べると元気になるのは本当だ。元気になりたい人を肉を食べることをお勧めする。
肉を食べるのは疲労回復に効果的だ
肉は疲労回復に効果がある。良質な栄養素がたくさん含まれている肉は疲れたときに食べて欲しいのだ。
肉を食べると陽気で明るい性格になり、前向きになる
肉を食べると陽気で明るい性格になる。これは印象論ではなく、牛肉に含まれるタンパク質はアドレナリンを作り出すことが実証されている。
ベジタリアンになるのはやめた方が良い!あれはデメリットの塊だ!
ベジタリアンになるならないは自由だが、俺は強く反対する。なぜ反対するかと言えばベジタリアンになると健康が損なわれるからだ。
肉を食べると人生が楽しくなる!
肉を食べると精神的に良い影響を与える。具体的には行動的になったり、ポジティブになったりする効果だ。