貧血,治す,肉,鶏レバー,豚レバー,

このエントリーをはてなブックマークに追加   

貧血を治したければ肉を食べよう!

あなたは貧血に悩んでいないだろうか?

 

 

貧血に悩んでいる人にお勧めなのがレバーだ。レバーは鉄分の王様と呼ばれており、女性の味方とも言えるだろう。

 

 

そもそもなぜ貧血になるかご存知だろうか?

 

日本人女性の10人に1人は貧血であり、貧血は美容の大敵だと言われている。貧血が起きる原因は酸素を運ぶために必要となる赤血球が少なくなってしまうからであり、赤血球の主成分であるヘモグロビンが減少するのは鉄分不足だからだ。

 

 

つまり、ヘモグロビンの主成分である鉄分を摂れば貧血は治るのだ。

 

 

特に女性は毎月生理があるため、毎月20から30mgの鉄を失う。生理によって失った鉄分は食べ物から摂取しなくてはいけない。なぜならば鉄分は体内で作ることができないため、鉄分が含まれる食べ物を食べるしかないからだ。

 

 

そこでお勧めしたいのがレバーだ。

 

 

レバーの味が苦手という人もいるだろう。俺なんかはレバーが大好きで毎日のようにレバーを食べているのだが、すこぶる調子が良い。牛肉と一緒にいつも購入するのは豚レバーだ。理由は安いから。

 

大体ワンパック200円くらいで売っている豚レバーは庶民の味方であり、俺の味方でもある。俺は豚レバーを毎日食べているお陰で貧血で悩んだことはないし、調子の良い生活を過ごすことができている。お金がなくて鉄分が欲しい人は是非豚レバーを勧めたい。

 

 

 

鉄分にはヘム鉄と非ヘム鉄の二種類が存在する。

 

ヘム鉄は肉や赤身の魚に含まれるが、実際に摂って欲しいのがヘム鉄だ。なぜならば非ヘム鉄の吸収率は1%から6%と低いのに対し、ヘム鉄は10%から20%の吸収率を誇る。

 

 

 

つまり、ヘム鉄が入った食品を食べれば効果的に鉄を摂取することができるため、貧血予防に大変効果的なのだ。

 

 

ヘム鉄を含む肉は以下のとおりだ。

 

・豚レバー
・鶏レバー
・牛肩肉

 

 

他にも魚だとカツオやマイワシ、シジミやアサリなどが該当する。とりあえず貧血を治したければレバーを食べれば問題ないのだ。

 

 

非ヘム鉄はパセリやブロッコリーなどに含まれているが、やはり貧血を改善したいのであれば豚レバーか鶏レバーを食べた方が良い。

 

 

俺のオススメの調理法はレバーをそのまま焼いて食べることだ。意外と慣れてしまうとレバーを焼いて醤油をつけて食べるだけで美味い。これだけで立派なおかずになるので、あなたも試してみて欲しい。

 

 

鶏レバーや豚レバーは女性の味方である。貧血や体調不良が気になっている人は、是非レバーを食べて元気を出して頂きたい。

スポンサードリンク



ナンチク 貧血,治す,肉,鶏レバー,豚レバー,

関連ページ

肉を食べるとニキビ予防になる
意外と知られていない事実だが、肉はニキビ予防に効果的だ。ニキビ予防したければ肉を食べるのがお勧めだ。
肉が入ったピザを食べると幸せになれる理由
肉が具になっているピザは食べるだけで幸せになる食べ物だ。これは栄養学でも証明されており、肉とチーズはトリプトファンが沢山含まれているから精神的に良いセロトニンを沢山生成することができる。
肉料理に欠かせないのはコショウ!コショウをかけて肉を食え!
肉料理に欠かせないのはコショウだ! 俺はコショウが大好きで、食欲を高めたければコショウをかけて食べることをお勧めする。
肉を適度に食べれば朝も強くなる!
肉を食べると朝に強くなることができる。これは低血圧が改善されるのが大きいのだ。
肉食になると健康になる?
肉食になるとたんぱく質をしっかり取れるため、健康になれる。その代わり肉だけ食べるのは推奨しない。野菜もしっかり食べた方が良い。
肉を食べるのは長生きするのに向いている
肉は長生きしたい人にお勧めだ。肉を食べれば長生きする可能性が高まるのがメリットだ。