肉食,健康,野菜,セロトニン,

このエントリーをはてなブックマークに追加   

肉食になると健康になる?

肉食になると健康になるというのは本当だろうか?

 

肉食,健康,野菜,セロトニン,

 

実際のところ、肉食に徹するのはオススメできないが肉も野菜もバランス良く食べるのであれば健康になると言っても過言ではない。特に野菜ばかり食べて肉を食べる機会が少ない人は肉を食べることを意識して欲しい。

 

 

肉を食べると精神的に健康になれるのがメリットだ。

 

 

 

これはよくある光景なんだが、人間がポジティブに行動したければドーパミンを分泌する必要がある。このドーパミンを分泌する際に重要となる栄養素がたんぱく質だ。

 

 

 

このたんぱく質はチーズや肉に多く含まれている。肉を食べる人ほど元気で活動的なのはたんぱく質をしっかりとり、ドーパミンが分泌されているからだと捉えることができる。

 

 

ドーパミンを分泌するためにも肉を食べるのは絶対に必要だし、幸せを感じる上でも肉食はとても良い。

 

 

 

肉を食べるとトリプトファンという栄養を摂ることができ、このトリプトファンがセロトニンを作り出す原料になってくれる。セロトニンを増やすと多幸感を味わうことができ、幸せな気分にひたれるので肉を食べるのはぜひ続けて欲しい。

 

 

 

ただ、肉ばかり食べるというのはオススメできない。

 

 

 

なぜかと言うと過剰な肉食になってしまうと栄養バランスが崩れてしまうからだ。肉を食べる事自体は体に良く、むしろ積極的に食べて欲しいのだが偏った食生活になると良くないということは覚えておいて欲しい。

 

 

 

どちらかと言うと肉食は精神的な健康を保つことに重要になる。

 

 

 

これは前々から思っていたことだが、日本人はネガティブな人が多すぎる気がする。欧米人はアグレッシブでポジティブという印象が強いが、日本人はその逆だ。真面目だがストレス過多に悩んでいるイメージが強い。Twitterを見ていると尚更そう思う。

 

 

 

これは食生活の違いも大きいのではないかと思う。

 

 

 

欧米人は積極的に肉を食べる。先程も言ったとおり肉にはセロトニンの原料となるトリプトファンがたっぷり含まれているし、ドーパミンの原料となるたんぱく質も含まれている。

 

 

 

栄養学的な観点から見れば「欧米人は肉をたくさん食べているから明るくて行動的」というのは決して間違いではないのだ。それに対して日本人は菜食が中心となっているから思考がネガティブな人が多いのかもしれない。

 

 

 

肉を積極的に食べ、健康長寿を狙え!
〜健康リスクを回避する、食肉生活のススメ

 

 

上記の記事を見て欲しいのだが、やはり肉と健康には密接な関係が存在する。

 

 

 

100歳を超えたおじいちゃんもしっかりとステーキを食べているし、肉を食べると若々しさが保てるというのは本当だ。100歳以上の長寿を目指すのであれば肉を食べるのは必須だと言えるだろう。

 

 

 

勿論、肉だけ食べるのが良いというわけではない。

 

 

やっぱり大切なのはバランス良く食べることだ。野菜も食べて肉も食べる。人間は元々雑食なのだからそれが一番良いのは自明の理だろう。

 

 

 

ただ、最近ネガティブで仕方ない人は肉を意識的に食べると良いと思う。肉食が精神的な健康に良いのは確かな事実であり、ネガティブ思考を改善するのに役立つからだ。

スポンサードリンク



ナンチク 肉食,健康,野菜,セロトニン,

関連ページ

貧血を治したければ肉を食べよう!
貧血を治したければ肉を食べるのがお勧めだ。貧血の原因は鉄分不足だが、豚レバーや鶏レバーを食べれば貧血は解消されるぞ!
肉を食べるとニキビ予防になる
意外と知られていない事実だが、肉はニキビ予防に効果的だ。ニキビ予防したければ肉を食べるのがお勧めだ。
肉が入ったピザを食べると幸せになれる理由
肉が具になっているピザは食べるだけで幸せになる食べ物だ。これは栄養学でも証明されており、肉とチーズはトリプトファンが沢山含まれているから精神的に良いセロトニンを沢山生成することができる。
肉料理に欠かせないのはコショウ!コショウをかけて肉を食え!
肉料理に欠かせないのはコショウだ! 俺はコショウが大好きで、食欲を高めたければコショウをかけて食べることをお勧めする。
肉を適度に食べれば朝も強くなる!
肉を食べると朝に強くなることができる。これは低血圧が改善されるのが大きいのだ。
肉を食べるのは長生きするのに向いている
肉は長生きしたい人にお勧めだ。肉を食べれば長生きする可能性が高まるのがメリットだ。